煙草を止めたい時メンタルクリニックでチャンピックス

煙草を長年吸っていると中毒になりますから、それなしではいられなくなってしまいます。
ニコチンが切れると、禁断症状や離脱症状が出るので、イライラして落ち着かなくなり、ものが考えられなくなったり、頭痛やめまいのような症状が起きるようになり、それが何日も続くと、煙草を吸った方がマシだと思うようになってしまいます。
煙草を吸うと、気持ちが落ち着くでしょうが、それと同時にまた禁煙できなかったと落ち込んでしまうので、自力ではやめられないと思ったら、メンタルクリニックでチャンピックスを処方してもらうようにしましょう。

チャンピックスは禁煙のために作られた飲み薬なので、メンタルクリニックで煙草をやめたいと伝えれば、お医者さんが処方してくれるはずです。
煙草がやめられない理由は、喫煙をすると、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合し、快感を生じさせるドパミンという物質を放出させるからです。
チャンピックスはこの受容体に結合し、ニコチンよりも少量のドパミンを放出させ、ニコチンが切れたときの、イライラなどの症状を軽減することが出来ます。
さらに、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中に一服したときの満足感を感じにくくさせられるので、この薬を飲み続ければ、積極的に吸おうとは思わなくなるでしょう。

禁煙治療は12週間続きますが、そのあいだは医師に相談なく、中断しないようにしてください。
自力で何とか出来ると過信すると、禁煙が失敗するケースがほとんどなので、医師の指示に従うことが大切です。
人間の体は一度覚えた快楽は忘れられないので、よほどメンタルが強くなければ、煙草を吸いたいという欲求は止められません。
医師の力を借りれば、一緒に頑張っていけるので、チャンピックスを始めたら、途中で勝手にやめないようにしましょう。

ページトップへ