煙草による身体的依存を解消するチャンピックス

煙草が嗜好品として使用されてきた理由は、リラックスした状態になるからです。これは、煙草が含んでいるニコチンは神経伝達物質のアセチルコリンと類似した構造であることが関係しています。煙草を吸うと大量のニコチンが脳内へと入り込み、アセチルコリンのレセプターと結合します。これにより、快楽物質のドーパミンが分泌されるので、リラックスした気持ちが良い状態となるのです。

ただし、この状態はいつまでも続くわけではありません。時間が経過するごとにニコチンは体外へと排出されるのですが、アセチルコリンのレセプターは空になってしまい、思考する能力が不足します。すると、これを補うために不快物質であるノルアドレナリンが放出されることになり、ニコチンに対しての強い渇望感が生じます。

また、ニコチンによるドーパミンの放出が常態化すると、アセチルコリンを自力で生産できなくなります。つまり、煙草を吸わずにはいられない状態となるということで、これは身体的依存と呼ばれています。禁煙治療薬のチャンピックスは、煙草に対しての身体的依存を解消する内容を備えています。

チャンピックスを服用すると、ニコチンの代わりにアセチルコリン受容体と結合します。このために、煙草を吸ってもニコチンがアセチルコリン受容体と結合できないので、ドーパミンが放出されることもありません。つまり、煙草を吸っても美味しいと感じなくなるということです。

また、チャンピックスがアセチルコリンのレセプターと結合すると少量のドーパミンを放出するので、渇望感に見舞われることはありません。このために、煙草を吸わなくてもリラックスした状態になるので、依存から解放されることになります。

ページトップへ