喫煙は耳鳴りを悪化させるのでチャンピックスの服用

たばこは百害あって一利なしと言われるように、様々な病気を引き起こす原因になります。
喫煙は耳鳴りを悪化させるとも言われており、たばこに含まれているニコチンの作用によって、耳鳴りの治療の効果を減らしてしまいます。
ニコチンには全身の血管を収縮させる作用や、血液の循環を悪化させる原因になりますので、内耳への血液を送っている血管への酸素の供給が減ります。
そのために耳鳴りを悪化させると言われており、改善するためには禁煙する必要があります。
日本では禁煙治療をサポートするために、各地の医療機関で禁煙外来の設置が増えています。
ニコチンには強い依存性があるために、ひとりで禁煙にチャレンジしたときには挫折する人が少なくありません。
そのために禁煙を達成するためには、専門的なサポートを受けることが大切で、医療機関で禁煙治療が受けられる体制が整えられています。
禁煙サポートを行っている医療機関では、禁煙補助剤のチャンピックスの処方が受けられます。
チャンピックスは世界中で使用されている医薬品で、ニコチンによる離脱症状を軽減できる効果があります。
条件を満たしている医療機関であれば、チャンピックスの服用に関しても健康保険が適用されますので、経済的な負担を減らして治療を受けることが可能です。
健康保険の適用は3か月間行われて、自己負担3割における医薬品の費用は、8週間から12週間分で1万3000円から2万円ほどの負担となります。
喫煙を行うためにたばこを購入する費用と比較したときには、チャンピックスの購入費用のほうが安くなりますので、負担を軽くして治療が受けられると考えられます。
チャンピックスは医薬品で薬局での購入は行えませんので、医療機関を受診して医師に処方してもらう必要があります。

ページトップへ