ホテルの禁煙部屋と禁煙治療の紹介状とチャンピックス

最近のホテルの部屋には禁煙の部屋が在ります。
禁煙の部屋は煙草を吸うことが出来ない部屋で、煙草の臭いを嫌う人が多くなっている事からもホテル側は禁煙の部屋を用意しています。

ホテルの部屋で喫煙をすると、空調が動作している場合、煙がエアコンなどの中に入り込み、室内はニコチンなどの臭いが付着してしまい、それを嫌がる人が多くいるため禁煙にしているのです。

また、海外のホテルは禁煙の割合が多いなどの理由からも禁煙を考える人も多くいますし、煙草の値段が高くなったことや健康に良くないなどの理由で煙草を止めることを考える人も多くなっています。

禁煙外来と言う診療科が在りますが、同じ病院の中で治療を受けている人などは紹介状を貰う事で禁煙外来での禁煙治療が可能になります。
また、他の病院での禁煙治療を行う場合など、紹介状を貰えるケースも在ります。

紹介状と言うのは現在治療を行っている病院の主治医と禁煙治療について相談を行う事で、病状についての紹介状を書いて貰えるもので、紹介状を書いて貰う事で効果的な禁煙治療を受けることが出来ると言われているのです。

禁煙外来での禁煙治療はチャンピックスを処方して貰っての治療が主流となっています。
チャンピックスは服用する事で少量のドーパミンを分泌させる作用が在るため、ニコチン切れが起きる時のイライラなどを軽減させることが出来ます。
また、チャンピックスを服用する事で12週間の中で禁煙を成功に導いてくれるのですが、12週間の中での治療費と言うのは保険治療が可能になるため、経済的な負担も3割で済むと言ったメリットが有ります。

更に、禁煙外来はチャンピックスの処方を行うだけではなく、禁煙に対する指導やアドバイスを専門医から受けることが出来るなどのメリットも在るのです。

ページトップへ