ニコチン中毒や禁煙対策には統計的にチャンピックス

ニコチン中毒は脳の問題でもあるので自分一人で対応するにはとても難しい問題でもあります。そのため、禁煙外来などで医師の力を借りてニコチン中毒に対抗することが大事です。統計的にも一人で禁煙しようとするのに比べて禁煙外来などで適切な治療を受けたほうが禁煙しやすいというデータもあります。ただし、近年外来による治療は難しいものではなく、投薬が主体になるので受けやすいことを知らない方が多いようです。禁煙外来ではニコチンを体内に入れなくてもニコチン中毒の症状が出づらい薬を長期にわたって利用します。薬はチャンピックスが良く使われます。チャンピックスはニコチン中毒症状が出る脳においてニコチンの代わりに作用する薬です。チャンピックスを的確に利用することでニコチン中毒から脱却できたという統計データも多数あります。統計データ的には最後まで受診しないと結果がでづらいことも示しています。投薬だけなので薬を飲み忘れたり、そのまま受診をしなかったりする場合も多いようですが、受診せずに禁煙が成功したデータはとても少ないようです。一人での禁煙は精神的にかなり厳しいデータとなっています。チャンピックスの投薬はそれほど負担ではありません。初回から数日はタバコを今まで通り吸いながら薬を飲んでいき、その時点で煙草が嫌になる方も少なくなく、そのまま禁煙に突入しても構いませんが、統計的にはタバコを止めるまで数週間かかる場合も多いようです。チャンピックスは当初は1日1錠ですが、期間によって1日2錠に追加されていきます。禁煙が自然に始められるのが理想ですが、自分ひとりで行なうには高いハードルがいくつもあります。禁煙外来をうまく利用することが大事です

ページトップへ